ORIGINAL!

趣味のもの、D.I.Yやオリジナルで。

プロフィール

アクア用品や木工雑貨を趣味の延長で思案したり作ってみたりしてます。なるべく低予算でオリジナルなものを作っていけたらなーと思うわけです。

original

Author:original
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

お問い合わせはコチラから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

DIY!

アクア用品等の自作で「こういうの作れない?」というお問合せにも出来うる範囲で対応出来ます。記事にあげていないようなもの・オークションに出品していないようなものでもOKです。 ステンレス・アルミ・スチールとアクア用品に限らず、お気軽に問合せ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20センチ水槽用にインテリア感アップのライト

小型水槽。

飼育する上では「水が安定しない」などの理由で敬遠されることもあると思います。

が、個人的には好きです。手軽さと何となくインテリア性が出せるので。

そこで20水槽用にこういうの作りました。




リビングやカウンター、または玄関などに置いて部屋のワンポイントにどうでしょう?




画像1 011




市販のクリップライトを使い、ステンレス鏡面パイプとシンプルに仕上げました。

こちらのクリップライトは60wまでの対応ですが20水槽でしたら充分です。

この画像のは蛍光管型電球の消費9wものをつけてます。




IMGA3021.jpg





バラすと、上のように2パーツに分かれます。

差し込むだけです。

差し込んだ後は・・パイプ下部にあるユリヤビスで締めてください。



画像1 012



水換え時やメンテナンスの際はユリヤビスで緩めれば回ります。



IMGA3035.jpg



画像1 014



水槽~ライト間は小さくしてあります。通常で2~3センチと思います。
お好みで多少の高さ調整が出来るように↑水槽前にあるカットパイプで調整してください。
20ミリと40ミリのカットパイプですので、通常から+20ミリ・+40ミリ・二つのカットパイプを同時使用で+60ミリの3段階アップが可能です。



IMGA3038.jpg




水槽が小さいのでライトそのものによる圧迫感を避けるため、水槽の真上ではなく、少し後ろのほうにライトがくるようにしました。


水槽横からの画像↓

IMGA3025.jpg


まー・・・あまり気にしなくて真ん中・真上に来るようにしても良かったかな・・と思ったのは内緒です。



画像1 009



黒のバックスクリーンに、水草と小魚・・リビング等のワンポイントとして映えるかなと思います。



IMGA3046.jpg



オークション出品します。



今回のみ、この20水槽(私が使ってた中古ですが・・)もおまけとしてお付けします。

電球はこの画像時に使ってる蛍光管型電球9w消費もそのままお付けします。















スポンサーサイト

限定もの?出品しました。

まず、当方のオークションをご覧いただいてる方はお気づきかと思いますが・・


「洋裁」の出品を始めました。


と言いましても、こちらは奥さんの担当?です。


自分は「アクア・DIY」で嫁さんが「洋裁」と、夫婦それぞれが趣味のものを出品してます。


嫁も娘の服を作ったり洋裁が趣味ですし、義母もその道のプロですから品質的には立派な服が出来てます。ご家族の方などで、こういうジャンルの服に興味がある方がお近くにいた場合、お気軽にオークションを覗いていただけると嬉しいです。



本題です。

オークションに限定のミドボンカバーを出品しました。


IMGA2984.jpg


形状がRではなく角です。


仕上げは「鏡面」となります。以前、参考までに載せた#400ミガキ材の倍の#800の仕上げです。



字の通り、鏡です。


但し、本物の鏡とは違い繊細な表面ですので、少しのことでも小さな傷が入りやすくなります。


勿論近くから凝視しないと傷と分からないレベルなものが多々ですが、この辺の捉え方は人それぞれで異なると思いますのでご理解いただける方に使っていただけたらと思います。



このように#800鏡面は専門工場での工程を入れてますので、材料コストは正直高いです。


でも1年半前に作ったものですし、開口位置も中途半端に加工されてるので価格は下げました。


開口の切りカキが既に両サイドにある点からして、やや、作りが粗く見えます。


興味のある方はどうぞ。


IMGA2985.jpg


IMGA2983.jpg




*裏面に埃がついてますが発送の際は綺麗にしておきます。

*加工は1年半前ですが製品は養生テープで保護されてましたのピカピカです。







ガラス蓋 受け

連続投稿です。

まずは、自分がステンレスでアクア用品をつくるキッカケとなったコレ。



IMGA2961.jpg



ガラス蓋の受け、です。


お世話になってるえび友さんから「作れない?」と言われたのが始まりです^^


表面の仕上げですが、この画像の仕様はエンボス仕上げの中でも、かなり特殊な仕上げです。
メーカーさんでもこの手の仕様が流行らなくなったため、今現在、ほぼ受注生産となってるようです。

在庫も残り僅かなので、実際にオーダー頂いて出荷する際は普通のHL仕上げのみとなります。

サンプル画像として、これしか手元になく・・・紛らわしい画像で申し訳ないです。


IMGA2962.jpg


個人的に、これを表に出してこなかったのに理由があります。


本来、水槽のガラス厚みと少しのクリアをみた寸法で曲げれれば良いのですが、これが通常の金型では不可能なのでゴム板にて内寸を調整してます。


実際に使うとこうなります。


IMGA2963.jpg


あ、画像が横のままですね・・^^;


見ての通り、水槽からでっぱると言いますか・・ここがどうにもならないのです^^;


あとガラス蓋を置いた場合、置いたガラス蓋と水槽上部のレベルが合いません。


わかり易く言いますと、仮に3ミリのガラス蓋を受ける場合、蓋受けの高さが3ミリの深さで出来てるのが市販・メーカーさんのものです。
ガラスと水槽上部が綺麗にほぼフラットになります。


この蓋受けは3ミリのガラス蓋を受けるのに、蓋受け高さが12ミリほどあるのでガラス蓋と水槽上部がフラットに納まりません。


これも金型の性質上どうにもならず・・。


メーカーさんのは特注の金型で作られてるというとですね。


まー、それでも「気にしないよ」と言われるので今までも何度かお出ししてます(笑


フラット、なんか気にしない・・とにかく蓋受けになれば良い!という方はお気軽にお問い合わせ下さい。



IMGA2966.jpg




IMGA2965.jpg




画像のA、B両寸法を下記の範囲内でお好きな寸法で指定してください。

A=最小15ミリ~最長100ミリ

B=最小9ミリ~最長40ミリ

あとご使用の水槽ガラス厚み。



お値段はじっくり考えてないですが・・一口4個セットで送料込み2000円で。


その他サイズも出来うる範囲で対応可能です。


*仕上げは画像のエンボスではなく通常のヘアライン仕上げとなります!





最後に、お問い合わせ中のものに関して画像と説明を・・。


IMGA2957.jpg


以前オクでも落札して頂き、その後直接のご注文で何度かお出ししましたクリップライトを吊るすやつ。
過去記事も載せてますが、60w電球対応では不本意なので100wレフランプ型のクリップライトに変更してます。



IMGA2958.jpg



今回、蛍光管型電球100w22w消費を装着希望というお問い合わせにこの電球がどうかなと思います。

長さ133ミリ。



IMGA2960.jpg


ほんの数ミリ電球が出ます。


が、口金を固定してる金具を作り直すか穴位置をずらすかで解決できますので、そのご報告でした^^



こちらも思ったよりお問い合わせがあるので、いずれ蛍光管電球・送料込みに直した価格で再登場の予定です。

今までお出ししてる価格は電球は付属のレフランプ(但しオレンジ系の発光)送料含まないで、5500円でした。
この価格よりはもちろん高くなります。








にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 用品・グッズへ
にほんブログ村

完成!水槽拡大箱!

ネーミングの良し悪しは置いといて・・ようやく完成の日を迎えれました^^;

「こういうの・・作れない?」というお話を頂いてから、二ヶ月以上は経ちました。


基本的に仕事の合間、仕事がないときにこういう製品を作ってるのですが、これほど製作過程に悩んで実際に日数もかかったのは初めてです。




とりあえず、完成できてホッとしてます。



製品外観

IMGA2932.jpg


IMGA2933.jpg

60センチ水槽に置きます。


IMGA2935.jpg

左右にアルミの角パイプを差し込みます。


IMGA2936.jpg

ユリヤビスで固定します。

左右のバランスを見ながら調整してください。結構、かっちり固定できます。


IMGA2937.jpg


扉には取っ手を付けました。


IMGA2939.jpg


新設1段目にガラス蓋を差し込みます。

純正ガラス蓋を使う予定でしたが、切欠き部分が大きすぎて本製品の「密閉間」を損なうことになるので、これ用にガラスを買ってきました。

正面扉もアクリルかガラスで迷ったのですが、透明感でガラスを選択、ホームセンターで値段みたら
基本サイズの料金まるまるかかるということで、それなら正面扉用のガラスと1段目&2段目に置く専用のガラス蓋、計4枚も専用でつけてしまえーということでお付けします。

このガラス寸法は純正より大きめですので蓋が落下することもありません。


新設2段目にも置きます。


IMGA2944.jpg



製品奥の左右角はガラス蓋受けを切り欠いてまして角のみゴム板の融通が利きます。

ここからヒーターやエアポンプのコードを通して下さい。

本製品を水槽の上に設置するまえにこのような電気コードは左右どちらかの奥角にまとめておくと良いと思います。
きついなーと感じられる場合は、本製品を水槽の上に設置したときに真ん中に置くのではなく、左右どちらかに寄せる、など工夫をしてみてください。

ちょっと説明がわかりにくいですが、「電気コード」の抜け道は設けてあります。ということです^^



IMGA2945.jpg



右奥角から試しに出してみました。


お次は上にライトを置きます。


IMGA2948.jpg



IMGA2949.jpg



2灯式x2が充分に置ける寸法にしてあります。



IMGA2951.jpg



1段目、純正より大き目のガラス蓋をユリヤビスで固定、ガラス蓋下とのゴム板効果で強度&密閉感を。



IMGA2953.jpg



IMGA2956.jpg


地震落下対策としてライトを置くところにフチを設けてあります。




これの使用目的は、主に草育成のようです。

花芽をあげた際に折れたりしないよう、水槽空間の高さを新規に設けたいというご要望でした。

草育成、ですので湿度や室温が出来るだけ保つ必要があり、また新規1段目のガラス蓋に強度を持たすことで小さな鉢をここにも常設できるという・・




まさに、草マニアさま向けの製品なのです(笑



無事に出来て良かったです。・・ホント(笑













にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 用品・グッズへ
にほんブログ村

番外編~水槽拡大箱&キャノン~


北海道も今日は10度で暖かい一日です。

4月に入り、道内のキャンプ場も「予約受付開始」となり嬉しい季節がもうすぐ。
何箇所か予約はしましたが、北海道のG.Wはまだ寒いのでG.Wのキャンプには迷ってきましたが・・。

今年こそ、と思いつつも無理と思いますがやはり「WOOLRICH」のテントが欲しいですね。

仕様より、あの羊マークと色具合が好みです。

と、個人的な話はココまでで・・



仕事の傍らで、ちょこちょこ作ってたものの途中経過です。

まずは水槽拡大箱?

あとは扉をつけて終わりです。

IMGA2903.jpg


「あとは扉だけ・・」と2週間前にも言ってましたが、そのときのモノは扉をつける上で問題が生じてしまい、再度作り直してみました。


何に使うかは、いずれご紹介できればと思います。


IMGA2905.jpg


オールステンレスです。


IMGA2907.jpg



ガラス蓋を差し込みます。



IMGA2908.jpg



差し込んだガラス蓋はユリヤビスで押さえます。ガラス蓋の下にゴム板を張ってますので密閉感アップになるかと思います。内側に反射効果の#400で外側は材料の裏面だったのですが、一応仕上げておきました。



IMGA2909.jpg



上部にはライトを2個置ける寸法で作ってます。



あとは、扉だけ・・・なので


もう少々お待ち下さい!



続いて、キャノンです。



IMGA2910.jpg



まだ5割くらいですね。



IMGA2911.jpg



肩キャノンは中々こだわって作られてます。



IMGA2912.jpg



肩キャノンはやや硬いですが可動します。



IMGA2913.jpg



野球帽顔のアップ。



IMGA2914.jpg



背面も手抜きなしです。



こちらも、いずれオク出品です。

前回のグ○もお値段を下げて再出品の予定です。

売れたらいいな、と思います。




まとめ

Copyright (C) ORIGINAL! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。